アルギニンの効果・効能

アルギニンは主に、次のような効果があることで知られています。

  1. 成長ホルモンの分泌の向上

    成長ホルモンが分泌されると傷の修復を促進させることができると言われています。

  2.  

  3. 脳の血流量が高められることから脳の活性化にも役立てられると考えられています。

    また血流の促進は、勃起不全の改善効果にも期待がもてると報告されています。

  4.  

  5. 一酸化窒素の生成

    一酸化窒素は血管や動脈を柔軟にすることに有用で、高血圧、狭心症、心筋梗塞の治療にも用いられています。

  6.  

  7. 免疫力の向上

    心臓のやや上にある胸腺という器官を刺激することで白血球を増産されると、感染症や傷の回復力が向上します。

  8.  

  9. アンモニアを尿酸に変換

    食品から摂取したタンパク質が体内で代謝されると細胞にとって毒物となるアンモニアができてしまいます。このアンモニアを毒素のない尿酸に変える働きがあると言われています。

 

アルギニンの効果から、次のような症状への効能があると考えられています。

  • 若返り、美肌、老化予防、長寿などのアンチエイジング
  • トレーニング後の疲労回復
  • 勃起不全、育毛など
  • メタボリックシンドローム、糖尿病、糖尿病合併症、動脈硬化、動脈硬化性疾患、高血圧、心不全などの生活習慣病
  • 他、不妊症、認知症、骨粗鬆症、感染症

 

アルギニン詳細

 

毎日飲んでいるアルギニンL5000

 

アルギニンの効果的な摂取量

 

アルギニンは、1日に3000mg~6000mgを摂取することが大切です。 アルギニンは体内では少量しか生産することができないため、サプリメントを選ぶ際にはアルギニン含有量3000mg以上という数字がひとつのポイントとなります。

 

一酸化窒素の力を強化させるため、アルギニンと同時に次の成分を摂取することが望ましいと考えらえています。

  • L-シトルリン、葉酸・・・アルギニンと組み合わせることで相乗効果を得られる 。
  • ビタミンC、ビタミンE・・・NO(一酸化窒素)を酸化から守り、NOの生成量と寿命を向上させる。

このことからわかるのは、アルギニン単体ではなく、アルギニン+これらの成分が配合されたサプリメントを摂取することが望ましいということです。

一酸化窒素強化成分の効果

一酸化窒素強化成分の効果については、UCLAのルイス・イグナロ博士の研究結果においても明らかとされているものです。 イグナロ博士は、心臓血管系の健康と一酸化窒素(NO)の効果を示した功績が認められ、1998年ノーベル医学賞を受賞したUCLAの博士です。

1990年には、一酸化窒素が陰茎の勃起を引き起こす作用があると示し、この発見を切っ掛けにファイザー社がバイアグラを開発し成功したことから、イナグロ博士は「バイアグラの父」などとも呼ばれています。

 

アルギニンL5000

 

アルギニンサプリメントの選び方

 

アルギニンは本来とても強いアルカリ性であるために、食道や胃に炎症を生じさせ、消化器官障害を起こす可能性があります。アルギニンサプリの問題点はクエン酸で中和されていないアルギニンが多すぎることです。

特にカプセル物は中和されていないものが多いです。中和されていない場合は胃に入ってから溶けるので500mg~1000mg程度飲むのならOKです。それ以上飲みたい場合はNGです。副作用で胃が荒れて激痛の可能性があります。

数あるアルギニンサプリメントから、より効果的な製品を使用するためには、前述した条件を満たすサプリメントを厳選することが大切です。

 

これらの条件を揃える製品のひとつに、ドクターズチョイスが販売する「L-アルギニン5000プラス」があります。

L-アルギニン5000プラスはクエン酸できちんと中和されています。そしてスプーン一杯(12.5g)で5000mgのアルギニンを摂取することが可能な、高配合アルギニンサプリメントです。

 

「L-アルギニン5000プラス」はアルギニンだけでなく、L-シトルリン、ビタミンC、ビタミンE、葉酸の他、マグネシウムやリボフラビン、リボースなども配合されています。 L-アルギニンと他成分との相乗効果(一酸化窒素強化作用など)をも狙うことができるサプリメントです。

 

L-アルギニン5000プラスは強いアルカリ性の中和を可能にし身体にもやさしいアルギニンとして安心して摂取することができます。

 

L-アルギニン5000プラス詳細

 

アルギニンの摂取は重要

 

アルギニンは、私達の身体の中でたんぱく質を構成しているアミノ酸の一種です。 肝臓において他のアミノ酸が変化することによって生成されるため、食事からの摂取が不可欠とされています。

 

アルギニンは、身体が成長する過程や病気の発症やウイルス感染時など、身体から必要に求められることがあります。そうした際、体内で自然に生成されるアルギニン量では、とても補えきれない状態に陥ってしまいます。 このことから、身体の健康を維持する上ではアルギニンの意識的な摂取は、非常に重要であると考えられています。

 

次のページ

アルギニンL5000